自営業住宅ローンを契約するときに考えておくこととは?

自営業住宅ローンというものがあります。
これは自営業の方が住宅を取得するときに利用する住宅ローンになっています。
特に会社を経営している方にとっては、資金調達の手段をいくつか準備しておきたいと考えていますが、その中で不動産を担保とする事業者向けローンは、低金利でかつ返済期間も長いので、とても魅力的なものになるのです。
そのため対象となる不動産を自営業住宅ローンで入手することも考えるのです。
さてそのために審査などがあるのですが、一般の住宅ローンと違って、最初に必要なものなどが変わってくるのです。
特に提出する書類として、過去3年間の取得証明が必要になりますので、準備しておくことになります。
もちろん赤字だと問題がありますので、営業成績は黒字に保つ必要もあります。
そのほかにもいろいろ条件はありますが、契約したい金融機関とも話をもちろんするのですが、税金も絡んでくるので、契約している会計士の方とも相談して、事業者住宅ローンの契約に向けて、十分に作戦を練ることかは始めることをお勧めします。
自営業・経営者の住宅ローンQ&A【審査に通らない・審査落ちした人へ】