クレジットカード信用格付けと金利

クレジットカードの金利は何に基づいて決められるのでしょう。
クレジットカードの金利を決める要素は主に4つあります。
信用格付け、職歴、支払い歴、返済負担率などです。
これらの評価が高ければ、金利を低くしてもらうことができます。
信用格付けを上げることが、まずクレジットカードの金利では必要です。
信用格付けを決めるのは、過去7年でクレジットの利用歴がどのような状態にあるかで、信用格付け会社が行っています。
また、利用限度額や金利への影響度が高い項目として所得水準があります。
返済が容易な人には金利が低くなります。
現在所有しているクレジットカードの金利を引き下げたい場合は、カード会社と交渉できます。
低金利のクレジットカードを利用したいという意思を、相手に明確に伝えることです。
金利は下げることはできないけれど、利用限度額を低くすることは可能であると言われることもあります。
その場合でも、見直してほしい部分は金利であり、限度額ではないことをしっかり言います。
何を求めているかをわかりやすい言うことです。
マイレージやポイントなどの特典はないけれど、金利が低く設定されているクレジットカードもあります。
最近では数多くのクレジットカードが発行されていますので、金利面を十分に検討することも必要です。